Beyond AI Logo

Category

Category

[訃報] アドバイザリーボード メンバー 古井貞熙氏のご逝去について [In Memoriam] On the passing of a member of our advisory board, Dr. Sadaoki FURUI

国立情報学研究所 研究総主幹、豊田工業大学シカゴ校元学長、同校元理事長、東京工業大学名誉教授・栄誉教授で、2020年より東京大学 Beyond AI 研究推進機構のアドバイザリーボードのメンバーを務められた古井貞熙博士が、2022年(令和4年)7月31日にご逝去されました。

古井博士は、コンピューターによる音声認識研究の先駆者であり、学術のみならず広く社会への貢献により科学技術庁長官賞、文化功労賞、紫綬褒章、IEEE James L. Flanagan Speech and Audio Processing Awardなどを含む数多くの高名な賞を受賞されました。又、日本音響学会 会長、IEEE 理事、International Speech Communication Association 会長など内外で委員を歴任されるなど、長年に渡り人工知能分野の研究と教育において国際的に活躍されました。

そのご経験を生かし、本機構の設立時にはアドバイザリーボードのチェアをお引き受けいただき、アドバイザリーボードの組織作りに大変ご尽力いただきました。又、本機構の展望と国際戦略に関するご支援に加え、毎月開催される研究セミナーに毎回のようにご出席され、常に示唆に富んだ助言をいただくなど本機構が推進する各研究プロジェクトに対して、的確なご助言を継続してご提供いただきました。

Beyond AI 研究推進機構として古井博士の当機構への多大なご支援に感謝を申し上げます。又、人工知能研究・教育への優れた功績に敬意と感謝の意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

東京大学 Beyond AI 研究推進機構
機構長 萩谷 昌巳

The Institute for AI and Beyond mourns the loss of Dr. Sadaoki FURUI, Professor Emeritus at Tokyo Institute of Technology, Chief Research Director at National Institute of Informatics (NII), former President and Chair of the Board of Trustees of Toyota Technological Institute at Chicago (TTIC), and a member of the International Advisory Board of the Institute for AI and Beyond since 2020, who passed away on 31 July 2022.

Dr. Furui was a pioneer and a leader in the field of computerized speech recognition and has made a wide range of contributions throughout his distinguished carrier, not only to academic research and education in information technology related to artificial intelligence but also to society at large. As a result, he received numerous awards and honors such as the Science and Technology Agency's Director-General's Award, Cultural Achievement Award, “Medal with Purple Ribbon”, and the IEEE James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award to mention a few. He has also shown his dedication to the field by serving on various academic committees and organizations in Japan and abroad including the Acoustical Society of Japan, the IEEE and International Speech Communication Association.

We were extremely grateful for his contribution and generous support to our organization as the institute’s first chair of the International Advisory Board and his effort in the creation of the board itself. With his operational knowledge at an international research university in the US as well as his network of contacts at other top research institutions, research communities and prominent researchers in the field of AI at home and elsewhere, he kept giving sound advice to our management team on the prospects and international strategy of the institute. His timely and thoughtful advices to the researchers of the institute on their research projects have greatly been appreciated, not to mentioned that he was the frequent questioner and a thought-provoking advisor at the research seminars held regularly within the institute.

With the respect and thankfulness for his outstanding accomplishments to artificial intelligence research and education, the Institute for AI and Beyond of the University of Tokyo extends its deepest condolences to his family, his colleagues, and all who cherished their lives by knowing Dr. Furui.

Masami HAGIYA, Ph. D.
Director, Institute for AI and Beyond

[プレスリリース]大脳神経回路形成の新戦略――大脳皮質の多数の領野を結ぶ結合を効率よく作るための並列モジュール戦略を解明 Press Release: New strategy for cerebral neural network formation――Parallel modules strategy which enables the brain to efficiently form numerous interareal connections of the many cortical areas during development.

東京大学 大学院医学系研究科・Beyond AI研究推進機構(研究プロジェクト:脳情報再現による次世代AI開発プロジェクト / 研究リーダー)・国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構 大木 研一教授、同大 大学院医学系研究科・Beyond AI研究推進機構(同プロジェクト / 研究担当者)村上 知成助教らの研究グループは、大脳視覚野にある多数の領野間結合が、発達時に効率的に形成されるメカニズムを解明しました。

ヒトの大脳皮質には 180 にも及ぶ多数の領野が存在し、これらの領野間を結ぶ数千にも及ぶ精密な神経回路による階層的かつ並列的な情報処理は、私たちの脳が複雑かつ汎用的な知性を獲得するための基盤となっています。従来の神経回路発達の研究では、感覚器から大脳皮質の入り口まで(視覚の場合、網膜から一次視覚野まで)の神経回路形成については詳細に調べられてきましたが、大脳皮質の領野間をつなぐ無数の結合がどのようなメカニズムで 3 次元の脳内で精密に混線なく配線されるのかについてはほとんど分かっていませんでした。

そのメカニズムの一つとして領野の階層性に従ってより低次な領野からより高次な領野へと順に形成していけば混線なく配線できると考えられますが、マウスでは生後から開眼までの 2 週間の間に多数の領野間の結合を全て作る必要があり、このメカニズムでは時間がかかり過ぎでした。それでは、このような複雑な無数の領野間結合を短時間に混線なく形成するためのメカニズムは何でしょうか。

本研究ではマウスの視覚系を用いて、大脳皮質の多数の視覚関連領野間をつなぐ結合が短期間で効率的に形成されるメカニズムを解明しました。まず、領野間結合が形成される前に、網膜と大脳皮質の多数の視覚関連領野をつなぐ経路が先に形成されることを見いだしました。さらに、この経路を伝播する網膜由来の自発活動により、網膜の場所をあらわす情報が多数の視覚関連領野に伝えられ、これが教師信号となって、大脳皮質の多数の視覚関連領野の網膜座標が対応する場所を精密に結ぶ結合が形成されることが示されました。

本研究は大脳皮質の領野間結合の形成メカニズムを明らかにしただけでなく、先天盲や早期失明の病態を理解する上でも重要であり、また汎用的人工知能の開発に寄与する可能性が考えられます。

本研究成果は、2022 年 8 月 3 日(英国夏時間)に英国科学誌「Nature」のオンライン版に掲載されました。

プレスリリース全文(PDF):
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400193638.pdf

<関連リンク>
・東京大学ホームページ(UTokyo Focus)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/
・アブストラクト(論文タイトル:Modular strategy for the development of hierarchical networks in the mouse visual system )
https://www.nature.com/articles/s41586-022-05045-w

A research team including Professor Kenichi OHKI of the Institute for AI and Beyond, the Graduate School of Medicine and the International Research Center for Neurointelligence (IRCN) of the University of Tokyo and Assistant Professor Tomonari MURAKAMI also of the Graduate School of Medicine of the University of Tokyo has successfully elucidated a new mechanism of the brain by which a complex neural network, including interareal connections in the cerebral cortex, is efficiently formed during development. This is the first study investigating comprehensively how interareal connections among cortical and thalamic regions are formed during development.
 
This study is expected to be applied in the future to treatments for diseases such as congenital blindness and to circuit formation algorithms to improve an artificial intelligence.

The research result was published in the online edition of Nature on 3 August 2022 (UK time).

Professor Ohki and Assistant Professor Murakami are Project Leader and Researcher respectively in the Basic Research Project entitled “Development of next generation AI by modeling brain information ” at the Institute for AI and Beyond.

The full press release (in Japanese only) in PDF.
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400193638.pdf

Related link: UTokyo HP
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/

Abstract URL (Title: Modular strategy for the development of hierarchical networks in the mouse visual system)
https://www.nature.com/articles/s41586-022-05045-w

板津木綿子教授の取材記事が日経電子版に掲載 Article covering Professor Yuko ITATSU's research was published online at nikkei.com

8月1日、サブリーダーの板津木綿子教授(東京大学 大学院情報学環・学際情報学府)を取材した「ジェンダード・イノベーション」に関する記事が、日経電子版に掲載されました。

記事タイトル: 性差分析で技術革新 医療やAI、「男性基準」を是正

電子版記事のリンク:
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0627Q0W2A700C2000000/

記事の全文をお読みいただくには、日経電子版への会員登録が必要です。

板津教授は、中長期研究プロジェクト B’AI Global Forum(ビー・エイアイ グローバル・フォーラム) AI時代における真のジェンダー平等社会の実現とマイノリティの権利保障のための規範・倫理・実践研究(プロジェクトリーダー:林香里教授)においてサブリーダーを務めています。

The article about "Gendered Innovations" covering Professor Yuko ITATSU's research was published at nikkei online on August 1, 2022.

The URL of the article:
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0627Q0W2A700C2000000/

The article is available in Japanese only.
Registration is necessary to read the full article online.

Professor Itatsu is the sub-leader of the basic research project "B’AI Global Forum: Research on norms, ethics and praxis for a truly gender equal society and a guarantee of rights for minorities in the AI age (Project leader: Professor Kaori HAYASHI)

[プレスリリース] AIとスーパーコンピュータで広大な銀河地図を解読 – 宇宙の成り立ちを決める物理量を精密に測定 [Press Release] Extensive training on virtual universes from supercomputer simulations produces AI-assisted analysis of three-dimensional galaxy distribution in our Universe

東京大学 国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)/ Beyond AI 研究推進機構の高田昌広 教授(研究プロジェクト:量子ゆらぎから天の川銀河の形成史の解明を通じたAIの進展 / 研究リーダー 村山 斉教授)、アリゾナ大学 天文学科 小林洋祐 博士研究員ら共同研究チームは、国立天文台のスーパーコンピュータ「アテルイII」の数値シミュレーションデータと機械学習の手法であるニューラルネットワーク法を組み合わせ、銀河地図データから「宇宙論パラメータ」と呼ばれる、宇宙の性質を決める基本的な物理量を測定することに成功しました。

今回開発された新しい解析手法は、カブリIPMUが中心に進めるすばる望遠鏡超広視野多天体分光装置Prime Focus Spectrograph (PFS)による銀河地図への応用により、ダークマターの総量、ダークエネルギーの性質などを解明し、現在の標準的な宇宙の理解を超えた新しい発見へと繋がる可能性を秘めています。

本研究成果は、2022年4⽉20⽇に⽶国の物理学専⾨誌「Physical Review D」にオンライン掲載されました。

<関連リンク>
・プレスリリース全文(Kavli IPMU ホームページ)
https://www.ipmu.jp/ja/20220721-emulator
・論文概要「Physical Review D」
https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.105.083517

A team of researchers including Professor Masahiro TAKADA of the Institute for AI and Beyond, and Kavli Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (Kavli IPMU) of the University of Tokyo, led by Postdoctoral Research Associate Yosuke KOBAYASHI at the University of Arizona combined machine learning technique, a neural network method with numerical simulation data by the supercomputer “ATERUI II” at the National Astronomical Observatory of Japan (NAOJ) to successfully generate theoretical predictions of the power spectrum, and then measure the most fundamental quantities which characterize properties of the universe such as the amount of dark matter.

The emulator developed in this study is expected to be applied to galaxy maps that will be captured by the Prime Focus Spectrograph, under development, led by the Kavli IPMU, to be mounted on NAOJ’s Subaru Telescope, to study dark matter mass and the nature of dark energy, leading to new discoveries beyond the current understanding of the universe.

Details of their study were published in Physical Review D on April 20, 2022

Professor Masahiro TAKADA is the Sub-Leader of the Basic Research Project entitled “New developments in AI through study of evolution of the Milky Way from initial quantum fluctuations to its assembly” at the Institute for AI and Beyond of the University of Tokyo.

Related Links:
・Full press release at Kavli IPMU official website
https://www.ipmu.jp/en/20220721-emulator
・Paper Abstract in Physical Review D
https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.105.083517

[プレスリリース]:AIを利用し「量子指紋」を解読することに成功 Press Release: Researchers succeed in deciphering "quantum fingerprints" using AI (Artificial Intelligence).

東京大学大学院工学系研究科・Beyond AI研究推進機構の大門俊介 助教齊藤英治 教授らを中心とする研究グループは、上智大学理工学部の大槻東巳 教授らと共同で量子干渉を理解するAIを開発し、電気抵抗の情報から試料のナノ微細構造を復元することに成功しました。

本研究により開発されたAIは、ミクロなレベルでの試料の構造や不純物などの情報を持つ「量子指紋」を理解することができます。電気抵抗に現れる量子指紋を解読することで、電気抵抗の情報のみから金属内部のミクロな構造を復元することに成功しました。本研究成果は、A Iを利用したナノ構造顕微鏡への応用が可能であると考えられ、次世代エレクトロニクスデバイス開発への貢献が期待されます。

本研究成果は、2022年6月8日(英国時間)に英国科学雑誌「Nature Communications」に掲載されました。

プレスリリース(PDF)はこちらから。

 

・関連リンク
東京大学ホームページ
A Iを利用し「量子指紋」を解読することに成功
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/

Dr. Shunsuke DAIMON and Professor Eiji SAITOH at the Institute for AI and Beyond, and the Graduate School of Engineering of the University of Tokyo, in collaboration with Professor Tomi OHTSUKI of Faculty of Science and Technology, Sophia University, developed an AI that understands quantum interference and succeeded in reconstructing nano-microstructures of a sample from the information of resistance data.

The AI developed through this research can understand “quantum fingerprints”, which carry microscopic information on the sample structure and impurity distributions of a sample. By deciphering the quantum fingerprint in the resistance, they succeeded in reconstructing the nano-microscopic structure inside metals based solely on the information of the resistance. This research result is expected to be applicable also to nano-structure microscopy using AI and contribute to the development of next-generation electronic devices.

This research result was published in Nature Communications on 8 June 2022 (UK time).

The full press release (in Japanese only) is available here (PDF).

Related link: UTokyo HP( (Japanese only)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/

プレスリリース:医用画像分野におけるAI開発・活用の推進に向けて、医用画像通信技術研究組合を設立 Press Release: A collaborative innovation partnership (CIP) was established on 20th May 2022 aiming to promote AI development and utilization in the medical imaging field

国立大学法人東京大学、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、ヤフー株式会社、および株式会社クリプタクトなどは、CT検査やMRI検査などの医用画像分野におけるAI(人工知能)開発・活用の推進を目的に、医用画像通信技術研究組合を2022年5月20日に設立しました。

医用画像通信技術研究組合は、経済産業省などが大学や企業などによる研究成果を迅速に事業化するために策定したCIP(技術研究組合)制度(Collaborative Innovation Partnership制度)を活用した共同研究組織で、東京大学やソフトバンクなどが設立したAI研究機関である「Beyond AI 研究推進機構」における取り組みの一環として研究開発を行います。

当該技術研究組合は、患者の同意を得て、医用画像データを安全に取得してAIの教師データを作成し、AI開発に取り組む研究開発機関や企業へ提供するための医用画像運用プラットフォームの構築と、それに必要な医用画像の匿名化技術やブロックチェーン技術、教師データの作成技術などの研究開発に取り組みます。

詳細リリースはこちら(PDF)から。

関連リンク
・東京大学産学協創推進本部 https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/
・CIP https://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/kenkyuu/kenkyuuindex.html

A CIP in the field of medical imaging was established on 20th May as a joint initiative of the University of Tokyo, SoftBank Corp., Yahoo Japan Corporation and Cryptact Ltd.

The CIP will promote research and development related to AI in the medical imaging field as part of the efforts undertaken by the Institute of AI and Beyond, a research institution established by the University of Tokyo and SoftBank.

The full press release (in Japanese only) is available here.

【受賞】杉山将教授が「令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」を受賞されました。 【AWARDS】 Professor Masashi SUGIYAMA was selected for the 2022 Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

研究サブリーダーの杉山将教授が、「令和4年度科学技術分野(科学技術賞・研究部門)の文部科学大臣表彰」(4月20日付)を受賞されました。
本賞は科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を顕彰しています。

受賞された業績名:信頼できる人工知能構築に資する弱教師付き機械学習の研究

杉山教授は基礎研究(AI自体の進化)「限られた教師情報からの高精度な予測モデルの自動構築に関する研究」研究プロジェクト(研究リーダー原田 達也 教授)のサブリーダーを務めています。

Professor Masashi SUGIYAMA, Sub-Leader of the Basic Research (Advancement of Fundamental AI) entitled "Automatic Learning of High Accurate Prediction Models from Limited Supervised Data" (Project Leader, Professor Tatsuya HARADA), was selected for the 2022 Commendation for Science and Technology (Awards for Science and Technology in Research Category) by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT).
The Award Ceremony will be held on April 20 at the auditorium of the Ministry.
The "Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology" is awarded to persons who have made outstanding achievements in research and development, promotion of understanding related to science and technology.

Awarded research:
Weakly Supervised Machine Learning for Building Reliable Artificial Intelligence

 

Professor Masashi SUGIYAMA

<関連リンク>
・文部科学省ホームページ:令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00989.html
・東京大学新領域創成科学研究科ホームーページ
【受賞 / 表彰】杉山将教授が令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞
https://www.k.u-tokyo.ac.jp/information/category/award/9403.html
・杉山教授のホームページ
http://www.ms.k.u-tokyo.ac.jp/sugi/index-jp.html

 

 

Professor Masashi SUGIYAMA

<Related links>
・MEXT Homepage: Selected the 2022 Commendation for Science and Technology (Awards for Science and Technology in Research Category) by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology (only in Japanese).
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00989.html
・The Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo (only in Japanese):
https://www.k.u-tokyo.ac.jp/information/category/award/9403.html
・Professor Sugiyama’s Homepage:
http://www.ms.k.u-tokyo.ac.jp/sugi/index.html

 

【受賞】研究リーダーの齊藤英治 教授が「日本学士院賞」を受賞されました 【AWARDS】Professor Eiji Saitoh, Department of Applied Physics, received Japan Academy Prize

2022年3月14日、基礎研究(中長期研究)「AIを活用した物質の量子的性質の解読(Quantum ID -物質の「量子指紋」をAIで読み取り利用する-)」研究プロジェクトの研究リーダー 齊藤英治 教授が「日本学士院賞」を受賞されました。

On 14th March 2022, Professor Eiji Saitoh, the leader of the Basic Research “Analysis of materials’ quantum properties using AI” received the Japan Academy Prize.

・日本学士院賞
日本学士院が学術上特にすぐれた論文、著書その他の研究業績に対して授賞を行っています。

・受賞された研究・活動について
スピン流物理学の先駆的研究

・関連リンク
日本学士院:日本学士院賞の受賞決定について
https://www.japan-acad.go.jp/japanese/news/2022/031401.html

東京大学工学部ホームーページ
【受賞・表彰等】物理工学専攻 齊藤英治 教授が「日本学士院賞」を受賞されました
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/topics/setnws_202203161130464474559421.html

Japan Academy Prize
The Japan Academy Prizes is awarded to persons who have achieved notable research landmarks or who have authored particularly outstanding academic papers or books.

About awarded research
Pioneering Research on Physics of Spin Current

Related Links
Japan Academy: Recipients of the Imperial Prize, the Japan Academy Prizes and the Duke of Edinburgh Prize elected
https://www.japan-acad.go.jp/en/news/2022/031401.html

Faculty of Engineering, The University of Tokyo:
【Awards and Commendations】Professor Eiji Saitoh, Department of Applied Physics, received Japan Academy Prize
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/foee/topics/setnws_202203161143454127410294.html

田中謙司准教授の取り組みがWEBメディア「DG Lab Haus」で紹介されました Professor Kenji Tanaka's research activities were featured in the web media "DG Lab Haus".

Beyond AI 研究推進機構応用研究(ハイサイクル研究)「次世代AI都市シミュレーター」研究プロジェクトの田中謙司准教授の取り組みが最先端テクノロジーに関する情報発信メディア「DG Lab Haus」に掲載されました。記事内では田中准教授とソフトバンク株式会社松田慎一テクノロジーユニット技術戦略統括 AI戦略室長、AI戦略室企画室 國枝良 室長が研究の取り組みについてご紹介しております。


・タイトル: 仮想空間に「もうひとつの海老名の街」~Beyond AI 研究推進機構が進める『次世代AI都市シミュレーター』
・掲載メディア: DG Lab Haus
・記事URL:https://media.dglab.com/2021/06/08-ebina-01/

Associate Professor Kenji Tanaka's research development of a "Urban Simulator for the next generation utilizing AI digital technology" from the Institute for AI and Beyond's Applied Research (High-cycle Research) has been featured on DG Lab Haus, a media outlet that provides information on cutting-edge technologies. This article features interviews with Associate Professor Tanaka, Mr. Shinichi Matsuda, Senior Director, AI Strategy Office Technology Unit, SoftBank Corp., and Ryo Kunieda, Manager, AI Strategy Office.

Title: "Another Ebina City" in Virtual Space - Institute for AI and Beyond's "Urban Simulator for the next generation utilizing AI digital technology"
Media: DG Lab Haus
Article URL: https://media.dglab.com/2021/06/08-ebina-01/

プレスリリース:デジタルツインを活用した『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発を開始 Press Release: Starts the research development of “Urban Simulator for the next generation utilizing AI digital technology” making use of Digital Twin.

国立大学法人東京大学、ソフトバンク株式会社、小田急電鉄株式会社および株式会社グリッドの4者は、Beyond AI 研究推進機構の研究テーマの一つとして、小田急線海老名駅と周辺施設を対象に、来訪者の行動変容を促す人流誘導アルゴリズムを実装する『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発において連携し、研究を開始します。

プレスリリース(PDF)
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400160449.pdf

The University of Tokyo, Softbank Corp., Odakyu Electric Railway Co., Ltd. and GRID Corp. will collaborate on the research development of a "Urban Simulator for the next generation utilizing AI digital technology" implementing Algorithm for People-Flow Naviation that encourages visitors to change their behavior in Ebina Station and area facilities on the Odakyu Line as one of the research themes in the Institute of AI and Beyond.

PDF(Japanese Only)
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400160449.pdf