AIを超えた無限の可能性
Develop AI Research & Business
Develop AI Research & Business

Beyond AI 連携事業 は東京大学とソフトバンク(ソフトバンク株式会社、ソフトバンクグループ株式会社、ヤフー株式会社)による世界最高レベルの人と知が集まる研究拠点『Beyond AI 研究推進機構』の組成と、その研究成果の社会実装・事業化を目的としたエコシステムの形成を目指す連携事業です。
『Beyond AI 研究推進機構』ではAIの基盤技術研究やその他の学術領域との融合によって、新たな学術分野の創出を目指す「基礎研究(中長期研究)」と、さまざまな社会課題・産業課題へのAIの活用を目的とする「応用研究(ハイサイクル研究)」の二つの領域で研究を推進します。そしてこの研究成果をジョイントベンチャーの迅速な設立などによっていち早く社会実装・事業化を実現し、我が国のさらなるAI研究の発展とよりよい社会の実現に貢献することを目的としています。

Greetings ご挨拶

藤井 輝夫 東京大学理事・副学長 Fujii teruo Executive Vice President, University of Tokyo

Beyond AI 連携事業がいよいよ動き出します。本事業は、現在のAIの先にある先進的な知と、その知が広く浸透する未来社会を見据えながら、東京大学が誇る最先端研究とAIとの融合によって新たな学問分野を切り拓くことを目指すものです。またパートナーであるソフトバンクの協力を得て、研究成果の実社会における活用を加速し、さらなる教育研究の充実に必要な資源を大学に還元するエコシステムの構築を進める野心的な取り組みでもあります。よりよい未来社会の実現に貢献するBeyond AIの活動に是非ご期待ください。

宮川 潤一 ソフトバンク株式会社
代表取締役 副社長執行役員
兼 CTO
Fujii teruo Executive Vice President, University of Tokyo

AIにより、人類の進化が加速しています。今後の進化のカギは『AIへのシフト』といえる時代となって参りました。今日のAIを超えたAI『Beyond AI』を日本の柱にしたいと想い、認知や推論を加速するAI技術の確立と、大量データの処理を加速させる技術の技術創出をゴールとし、本研究推進機構を一歩を踏み出しました。
東京大学の英知と我々ソフトバンクの事業開発及びデータ分析・ AI開発力を融合し、AIから日本を強く、そして将来のあらたな世界を創る、このような大きな想いで進めて参ります。

Ecosystem エコシステム

これまで、大学の研究機関は直接的に事業に出資することはできませんでした。そのため、研究成果の事業化に伴う大学へのリターンは特許ライセンスなどの限定的なものであり、継続的な研究が難しい面がありました。
「Beyond AI 研究推進機構」は、東京大学が誇る世界最高レベルの学術的な知と、ソフトバンクが保有する新たな社会価値を次々に創造する事業力を融合し、我が国におけるAI研究の促進と社会実装への貢献を目標としています。そのために、経済産業省が新たに策定したCIP制度(Collaborative Innovation Partnership制度)を積極的に活用することで、より迅速な事業化と、そこからのリターンによる更なる研究・教育という好循環を生み出すことで、継続的な研究とその社会実装を実現します。

Organization Beyond AI 研究推進機構の構成

Beyond AI 研究推進機構の特徴は「AIに特化した基礎研究(中長期研究)」と「社会実装を念頭においた応用研究(ハイサイクル研究)」の2つの研究領域が互いに成果や課題、人材を共有し交流させることです。東京大学と海外有力大学の世界最高レベルの研究者による最先端のAI研究を行う基礎研究(中長期研究)と、実務性と機動性を備えた組織体制でAI技術の社会実装を推進する応用研究(ハイサイクル研究)とのシナジー効果によって、AI技術の社会実装を推進し、よりよい社会の実現を目指します。

Basic Research 基礎研究(中長期研究)

AIに関わる新たな研究領域を切り開くため、東京大学が世界に誇る最先端の学術研究とAIとの融合を実現するとともに、海外の有力大学からも研究者を招聘、世界最高レベルのチームによる最先端のAIの基礎研究を実施します。

AI
Super AI AI自体の進化
  • 計算・通信・データ容量
    飛躍的な向上
  • 機械学習の革新的な進化
  • 高信頼化・公共性社会的
    課題解決
×
Hybrid AI
Hybrid AI 先端研究との融合
  • 量子物理や脳神経科学、人文社会など
    先端研究との融合
  • 人工生命やインテリジェンスの理解
  • ロボティクスなど先端工学との融合

研究テーマ領域 Theme

Device:

計算資源の問題 Theme

集積回路の微細化・高速化は物理的限界に到達しつつある。また、計算には膨大なエネルギーが必要。

物理とAIの融合 Theme Hybrid-AI

光・量子領域の基礎的研究から微細化の物理限界とエネルギー消費のブレイクスルーを図る領域。

Intelligence:

機械学習の本質的な問題 Theme

特定課題の解決は得意だが汎用的な課題解決は困難。人間の様に柔軟で創造的な活動は不可能。

脳科学とAIの融合 Theme Hybrid-AI

人間の脳に学ぶ、働きかけることを通して、複合的課題解決や創造的活動など別次元のAIを目指す領域。

Data:

学習手法の問題 Theme

データクレンジングや教師データ作成などコスト問題が顕在化。更に膨大なデータへの対応も必要になる。

AI自体の進化 Theme Super-AI

AIの多層化や限定された教師データからのモデル構築など機械学習システムそのものの変革を目指す領域。

Service:

社会的な問題 Theme

倫理問題やバイアスなど、AIの急速な普及に伴い様々な社会的課題が顕在化している。

AIと社会 Theme 横断領域

格差や偏見といった社会問題を中心に、AI等のデジタル技術がもたらす社会的課題について横断的に探究する領域

Applied research 応用研究(ハイサイクル研究)

社会実装を念頭に置きCIP制度を活用して研究成果の事業化を目指した研究を推進します。事業準備会社の立ち上げによるエコシステムの推進、全東大教員の中から研究リーダーを任命、テーマごとに短期間のプロジェクト体制で社会実装を推進し、実務性と機動性を兼ね備えたジョイントベンチャーの発射台(JV-Platform)としての役割をはたします。

研究テーマ領域(予定) Theme

  • 医療ヘルスケア
    データ駆動型医療、診断・疾患 予測、ゲノム・オミックス解析 など
    Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,
  • スマートシティ
    Society 5.0の実現
    5G,6Gネットワークの活用
    など
    Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,
  • MaaS
    交通網維持、渋滞しない道路、 環境問題など
    Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

Press Release 広報資料

Contact お問い合わせ

ご質問、お問い合わせは下記メールにてご連絡ください。 直ぐに回答できない場合もございますが、ご了承ください。

info[at]beyondai.jp

※上記Eメールアドレスの[at]を@に書き換えてご送付ください。