Beyond AI Logo

AI時代における真のジェンダー平等社会の実現とマイノリティの権利保障のための規範・倫理・実践研究 Exploration of criteria and ethics, and pursuit of practical research, aimed at realization of a truly gender-equal society and guarantee of rights protection for minorities in the age of AI

構成メンバー

People

研究リーダー Principal Researcher
林 香里 教授 Professor Kaori Hayashi
東京大学・大学院情報学環 Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, The University of Tokyo
研究者 Researchers
  • 板津 木綿子 准教授 Associate Professor Yuko Itatsu
  • 矢口 祐人 教授 Professor Yujin Yaguchi
  • 江間 有沙 特任講師 Project Assistant Professor Arisa Ema
  • 佐倉 統 教授 Professor Osamu Sakura
  • 水越 伸 教授 Professor Shin Mizukoshi
  • 越塚 登 教授 Professor Noboru Koshizuka
  • Miles Pennington 教授 Professor Miles Pennington
  • no image
    大西 晶子 准教授 Associate Professor Akiko Onishi
  • 田中 東子 客員教授 Visiting Professor Toko Tanaka
研究員 Researchers
左右田 智美 Tomomi Sayuda 金 カヨン Kayoung Kim 小島 慶子 Kojima Keiko 治部 れんげ Renge Jibu 山本 恵子 Keiko Yamamoto 白河 桃子 Shirakawa Touko 李 美淑 Lee Misook 河原 理子 Michiko Kawahara 章 蓉 Rong Zhang
研究生 Research Student
田中 瑛 Akira Tanaka イム ドンウ(林 東佑) Lim Dongwoo 加藤 大樹 Hiroki Kato

課題

Issue

社会におけるAIの問題

私たちの日常生活には、AI技術がますます浸透しています。その際、システム開発や製品開発の過程で、すでに存在する社会問題が、一層強化され、加速化され、顕在化しうることがさまざまな研究で明らかになっています。このプロジェクトは、とりわけ、AI技術の恩恵を受けにくい、見過ごされ、あるいはともすると犠牲となってしまうような女性やマイノリティの存在に注目します。つまり、ジェンダー平等社会とマイノリティの権利保障という社会目標を、AIが社会のあらゆる局面に浸透する時代に、いかによりよく実現していくかを主眼として構想されたものです。

研究の内容

Contents

B’AI Global Forum

本プロジェクトは社会におけるAIの問題の中でも、とりわけ「ジェンダー」というレンズを通してAIをはじめとするデジタル情報技術と社会の関係を反省的かつ批判的に考察します。

東京大学は研究教育組織として「すべての人が持てる力を発揮し、また、価値観の多様性が認められ、それが社会の発展に繋がる、持続可能でインクルーシヴな社会」を目指す責務が課せられています。私たちは、本プロジェクトを、東京大学から発信する「AIと社会」の研究として、AI技術の発展に際し情報技術があらゆる人にとって貢献するものとなるようにという動機をもって着想しこのプロジェクトを「B’AI Global Forum Project」と名付けました。この「B’」には、AI以前の言論・表現空間の歴史(before)、AI発展の背後の利害(behind)、下部構造(beneath)など、AI等の技術を取り巻く歴史やそれを支える社会構造を多角的に考察していこうという意味が込められています。ダイバーシティ社会を実現するために、ジェンダー平等とマイノリティの権利保障という社会目標を、AIが社会のあらゆる局面に浸透する時代にいかによりよく実現していくかを主眼としています。

[1]AIをはじめデジタル情報技術による女性やマイノリティへの差別・暴力の解明

女性・マイノリティへの暴力的表現・差別言説の実態解明(ヘイトスピーチ、ディスインフォーメーション、ディープフェイク等)および従前のメディア空間との連続性、ならびにAIによるさらなる潜在的排除の構造について解明していきます。

[2]AIをはじめデジタル情報技術による多様かつインクルーシヴなメディア表現空間の設計

「善き社会」づくりに貢献する言論・表現空間の設計のために、ジャーナリスト、実務家、技術者、研究者共同で運営する「建設的言論フォーラム」を創設します。

[3]若手研究者を中心としたAI等の技術をめぐる課題を討議する文理融合グローバル・フォーラム創設

世界中の若手研究者による文理融合・産官学民協働の先進的理論研究フォーラムを創設します。

[4]デジタル情報化時代の倫理の再考、およびそれに基づくインクルーシヴ教育の実践

1~3の成果を生かした、AI倫理実現のための教育的プラットフォームを設計します。

価値・期待

Expectations

本研究プロジェクトが切り開く未来の可能性

現代社会では、経済格差やジェンダー、人種/民族などに基づく差別が止む気配はなく、課題は山積しています。とりわけ、2020年新型コロナウイルスの感染拡大以降、政治、経済、文化など社会の活動において、デジタル技術を利用したコミュニケーションの比重が格段に増す中、ジェンダー、人種/民族などに基づく差別は、経済的な格差をさらに強化し、助長されていく例が世界各地で報告されています。

このプロジェクトは、こうした社会問題の遠因となっている市場原理ならびに一方的な科学技術の発達を最優先させてきた近代の諸制度や価値観を問い直していきます。さらに、AIなどの先端技術があらゆる人の生に貢献する技術となるように、多様な分野からの研究者、技術者、実務家、ジャーナリスト、市民たちとともに、現状の課題を洗い出し、建設的な議論とともに解決を模索、提案します。

本プロジェクトは、AI社会を見越した次世代の「グローバル・フォーラム」を創造することで、人間の多様性、自由、平等、共生に不可欠な公平・公正な表現と言論空間を確保し、AI社会と民主主義の共存を追求していきます。